1日2食は太りやすい状態になる

1日2食が太りやすい原因は2つの理由があります。それは体が『エネルギー節約モード』になることと『インスリンの増加』による原因です。2食はカロリーを減らすことはできますが、逆に太りやすい状態を作り、確実にリバウンドするので絶対にやってはいけない食事方法です!

1日2食が太りやすい原因

カラダがエネルギー節約モードになる

まず食事回数を減らした場合、摂取カロリーを抑えることができるのですが、摂取カロリーの不足によって筋肉が減ってしまうのです。筋肉が減ると基礎代謝が低下するので体脂肪が燃えにくいカラダになってしまうのです。

そして摂取カロリーが不足している状態は身体に必要なエネルギーが不足している状態です。身体はエネルギーが不足すると、エネルギー消費を抑えるためにエネルギーを節約するようになるのです。

つまり代謝を鈍らせて、生きるために必要なエネルギーをなるべく使わないようにする”エネルギー節約モード”となるのです。これによって消費カロリーが少なくなり痩せにくくなるのです。

インスリンの増加

1日2食はインスリンと言うホルモンの分泌が増加するので脂肪が付きやすくなってしまうのです。インスリンとは成長ホルモンのひとつで、炭水化物やタンパク質といった栄養素を血液中に送り込む役割をする大切なホルモンです。

しかしインスリンは脂肪の蓄積を促進してしまうホルモンでもあるのです。そして1日2食のなど食事回数を減らしてしまうと、インスリンが急激に増加してしまうのです。これによりとても太りやすくなってしまうのです。

☆ピックアップ・コンテンツ☆
「短期間で痩せたい!」と言う方のために、効率よく効果的に短期間でダイエットできる食事方法を解説>>短期間で痩せる為の食事メソッド

| トップページ | 夕食で注意する4つのポイント >>

スポンサードリンク
オルビスプチシェイク

オルビスプチシェイク

美味しくて栄養バランス抜群!みんながハマるダイエット食品

マイクロダイエット

マイクロダイエット

必要な栄養素を超低カロリーで摂れ健康的にダイエットできる

やずや

やずやの発芽十六雑穀

お米に混ぜて炊くだけ。簡単・お手軽・おいしい雑穀ご飯

芸能人ダイエット