炭水化物を減らしすぎると逆に太りやすくなる

『ダイエットは炭水化物を減らす』どこで間違ったか分からないのですが、このような神話をいまだに信じている人がいるのであれば、それは間違った知識を身に付けています。

炭水化物はダイエットでは絶対に必要な栄養素であり、炭水化物を制限してしまうと逆に”太りやすい体質”になってしまうのです。

炭水化物を減らしすぎるとダイエットは失敗する

基礎代謝の低下につながる

炭水化物を制限すれば摂取カロリーは減らすことはできるのですが、エネルギー源となる糖質が不足するため、体はエネルギー不足となり基礎代謝が低下してしまいます。基礎代謝の低下によって脂肪が燃焼しにくくなってしまうのです。

仮に体重が落ちたとしても・・・

炭水化物を減らすダイエット方法は、仮に体重が落ちたとしてもそれはエネルギー不足によって筋肉量が落ちたからなのです。実際は体脂肪はほとんど減っていないのです。これはダイエットとはいえません。

確実にリバウンドする

代謝が極端に低下しているため、ダイエット前の食事に戻したら・・・リバウンドがいっきに襲ってくるのです。極端に炭水化物を制限するようなダイエットはリバウンドを招き確実に失敗するダイエットなのです。

炭水化物の摂取量

食事摂取基準では最低でも1日の摂取カロリーの50%以上は炭水化物から摂る必要があるとされているのです。

つまり1日の摂取カロリーが2000カロリーなら、炭水化物で1000カロリー摂らなければ、エネルギー源となる糖質が不足してしまうのです。

☆ピックアップ・コンテンツ☆
「短期間で痩せたい!」と言う方のために、効率よく効果的に短期間でダイエットできる食事方法を解説>>短期間で痩せる為の食事メソッド

<< 夕食で注意する4つのポイント | トップページ | 朝食抜きは一番太りやすい >>

スポンサードリンク
オルビスプチシェイク

オルビスプチシェイク

美味しくて栄養バランス抜群!みんながハマるダイエット食品

マイクロダイエット

マイクロダイエット

必要な栄養素を超低カロリーで摂れ健康的にダイエットできる

やずや

やずやの発芽十六雑穀

お米に混ぜて炊くだけ。簡単・お手軽・おいしい雑穀ご飯

芸能人ダイエット